建設発生木材のゼロ・エミッション

工法の特長

根をリサイクル工法の特長

ダムや造成などの建設工事にともなって発生する伐採樹木、根株、流木あるいは型枠廃材などの建設発生木材を現場で、チップ化、堆肥化してのり面緑化工の生育基盤材として利用します。
それにより、建設発生木材の現場内ゼロ・エミッションを実現するとともに、産廃処理費用も含めたトータルコストの縮減が可能です。

  • 根を堆肥
  • 根を生チップ

『根をリサイクル工法』の特長

  1. 1. ゼロエミッションに貢献
    建設発生木材をのり面緑化工法の生育基盤材として利用し、造成工事等のゼロエミッションに貢献します。
  2. 2. 幅広い適応性
    堆肥化のためのヤードや工期を必要としないため、小規模現場や工期短縮を求められる現場にも適用可能です。
  3. 3. トータルコストを低減
    現場内リサイクルによって、産業廃棄物の発生量を低減し、コストダウンが図れます。
  4. 4. 環境負荷の小さい工法
    無機系の緑化吹付接合材を使用しているため、環境問題となりやすい高分子系物質などの溶出がありません。
  5. 5. 優れた耐侵食性
    耐侵食性に優れ、吹付け直後からのり面の保護に寄与します。植生の状況に関わらず安定を保つことができるため、自然の飛来種子による植生に期待する、無播種施工にも適しています。

『根をリサイクル工法』の特長

  1. 1. 良好な植物生育性の確保
    建設発生木材を堆肥化して使用するため、発芽・生育障害を起さない良好な植物生育が望めます。
  2. 2. 伐採根、伐採材の大量処理
    木材のチップ化・堆肥化により、発生木材を大量に処理し、産業廃棄物処理費を大幅に削減できます。
  3. 3. 施工能力と安全性の確保
    回転式ノズル「シゲル君」による吹付け作業は、高所作業がなく、安全性と従来吹付けの 2倍以上の施工能力を確保できます。
  4. 4. 優れた耐侵食性
    均一な吹付け材料が作成でき、降雨に対する耐侵食性が極めて優れています。
  5. 5. 低コスト
    標準施工単価は4,600円/m2程度(施工標準面積3,000m2の場合)です。産業廃棄物処理の費用を考慮すると、コスト面が大幅に削減できます。

会員一覧

お問い合わせフォーム

よくある質問

メニュー

ページの上部へ